トップ / セルライトを作らない為の食生活

セルライトはエステで

セルライトを作らない為の食生活

食生活でセルライト予防

セルライトを予防するには、普段の食生活にも注意が必要です。特にカロリーが高く脂肪分が多い食べ物は、体脂肪として蓄積されやすく、血液をドロドロにする原因にもなります。ファーストフードや外食など、高カロリーな食事ほど塩分も多くなりがちです。これもむくみの原因となって、セルライトを増やしてしまいます。

まずは1日3食をバランス良く摂ります。1食の理想としては、ご飯やパンなどの主食が握りこぶしくらい、肉や魚など主菜のたんぱく質が手のひらくらい、副菜の野菜類が両手に乗るくらいです。油を使うのは1品にとどめます。和食はこのバランスを実現しやすく、肉よりも魚の方が血液をサラサラにしてくれます。

食べ物の中には、血行を良くして体を温めてくれるものがあります。代表的なのがショウガオールを含む「生姜」や、辛み成分に効果がある「タマネギ」です。さらに、どちらも血液をサラサラにしてくれる嬉しい効果があります。他にも大豆や鶏肉、もち米やごま油が体を温めてくれる食材です。

同時に代謝を高める食べ物を摂るのも良いでしょう。トウガラシに含まれる「カプサイシン」は、その代表例です。脂肪を分解したり、発汗作用を促してくれます。また、ビタミンB1は糖質を分解し、効率よくエネルギーに変換してくれます。他のビタミンB群も代謝には欠かせません。ビタミンB1は豚肉やウナギ、B群はレバーに多く含まれます。

これらの栄養素を効率良く吸収するには、よく噛んで消化しやすくしなければいけません。理想は1口30回とも言われています。噛む回数が多くなれば、脳の満腹中枢が刺激され、少ない量でも満足できるのです。セルライトを予防するなら、ゆっくり食事することを心がけましょう。

Copyright © 下半身にセルライトができる原因. All rights reserved.