トップ / セルライトを作らない生活習慣

セルライトはエステで

セルライトを作らない生活習慣

セルライトには冷えが大敵

セルライトを予防するには、原因となる生活習慣を改善すると同時に、体のめぐりを良くして脂肪を溜めこまないことが大切です。

体のめぐりを妨げるのが「冷え」です。常に体を温めてあげれば、血行が盛んになり代謝も向上します。例えば、ストッキングに靴下を重ね履きしたり、クーラーが効いている部屋では1枚羽織るなど、外側から冷えるのを防ぎます。夏でもシャワーだけで済ませず、必ず入浴して芯から温めて上げましょう。

ただし、自らの体が熱を作り出せなければ、すぐに冷えてしまいます。そこで、短い時間でもいいので運動する機会を増やします。マッサージでも十分に効果があります。足なら下から上に向けて、お尻なら外向きに揉んであげましょう。これでめぐりが良くなり脂肪や老廃物が流れやすくなるのです。同時に1日のむくみもリセットできます。

睡眠時間は少なくとも7時間は欲しいところです。質を高めるためにも、睡眠の1時間前からスマートフォンなど強い光の刺激を避け、リラックスして副交感神経を優位にします。食事は3時間前に終わらせて、消化が睡眠の妨げにならないようにしましょう。特に22時から2時の間は、基礎代謝を高める筋肉を成長させるホルモンが多く分泌されます。

睡眠の質を高めるには、規則正しい生活を送って体内時計を狂わせないことも大事です。体内時計が狂うと同じ時間帯に眠れないだけでなく、自律神経やホルモンバランスを乱してセルライトができやすくなります。朝の光はこうした体内時計の狂いをリセットしてくれるので、まずは朝早く起きることから始めましょう。

他にも、体のめぐりを悪くする習慣に「喫煙」があります。ニコチンが血管を収縮させてしまうのです。飲酒によるアルコールも同様です。セルライトが気になるなら、止めた方が良いかもしれません。

Copyright © 下半身にセルライトができる原因. All rights reserved.