トップ

セルライトはエステで

下半身にセルライトができる原因

セルライトを予防の生活とエステ

お尻や足などにできてしまった「セルライト」。表面がぼこぼこして見た目も良くありません。

セルライトが気になる方におすすめエステの体験の情報サイト。

セルライトは「血行不良」がそもそもの発端です。血行不良は代謝を下げるので、脂肪細胞がさらに脂肪を溜めこんで肥大化します。これが更なる血行不良を招き、老廃物が脂肪細胞の間で滞るようになります。こうした悪循環を繰り返すうちに、脂肪細胞が大きく成長して、表面がぼこぼこするのです。

血行不良になるのは多くの原因があります。自律神経の乱れや加齢、運動不足などです。特に下半身は起きていると心臓よりも下にあり、重力の影響で血行不良になりがちです。足は冷えやすく、老廃物や水分、塩分が溜まってむくみます。またお尻は筋力が弱いので、脂肪が溜まりやすく落ちません。そのため、上半身よりもセルライトができやすいのです。

セルライトの原因となる血行不良や脂肪の増加は、普段の生活が大きく影響しています。例えば運動不足です。使われない筋肉は衰えてしまい、血液を心臓に押し戻す力が弱くなったり、基礎代謝も下がってしまいます。特にデスクワーク中心の生活や、車移動が多いと、日常的に下半身の筋肉を使う機会は少なくなっているでしょう。

また、睡眠不足は自律神経を乱して交感神経を優位にします。筋肉が常に緊張した状態になるので、血行が悪くなってしまうのです。体が横になる時間が短いので、下半身に溜まった老廃物が流れてくれません。さらに起きている時間が長くなるだけ、食欲が湧いてしまいます。我慢できずに食べてしまうと、相乗効果でセルライトができやすくなるのです。

食生活も無視できません。肉食などの脂っこい食事は血中のコレステロールを増やして血行を妨げたり、消化できずに残ると体脂肪に変化します。ファーストフードや外食の過剰な塩分はむくみの原因になり、脂肪分も気になります。

このように下半身にセルライトができるリスクは、日常の至るところに潜んでいるのです。

Copyright © 下半身にセルライトができる原因. All rights reserved.